歯周病は生活習慣病と言われています

「歯ぐきが腫れている」「ブラッシングのときに歯ぐきから血が出る」「口臭がある」「歯ぐきが下がって歯が長くなったように見える」などの症状がありませんか? それらの症状は、「歯周病」の疑いがあります。日本の成人の8割ほどの人が予備軍またはすでに発症しているといわれている歯周病は、生活習慣病と言われています。

歯周病の細菌が全身に多くの影響を与えることは近年の研究で明らかになってきています。
歯周病は生活習慣病ですから、日々の生活習慣を見直して歯周病を予防することが、全身疾患を予防することに繋がります。

歯周病と全身疾患についてはこちら→歯周病による全身疾患

荒川区西日暮里の歯医者「はやしデンタルクリニック」では、大切な歯をいつまでも守ることができるように、歯周病の予防や治療に力を入れています。

口腔ケアが大切です

口腔ケアが大切です

歯周病とは、歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)にたまったプラーク(歯垢)の中の歯周病の原因菌によって引き起こされます。歯周病の原因菌が出す毒素によって歯ぐきが炎症を起こし、歯を支える歯周組織の顎の骨がだんだん溶かされていき、やがては支えを失った歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病の予防や治療の基本は、口腔内の中の汚れを落とすことです。そのため毎日のブラッシングが大切になります。

そこに加えていただきたいのが、歯科医院での定期的なプロフェッショナルケアです。こちらでは歯科医院での行う口腔ケアとご自宅で行っていただくセルフケアについてご紹介します。

歯科医院での口腔ケアメニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

口腔ケアの基本は毎日のブラッシングです。しかし自己流のブラッシングでは、汚れをきちんと落としきれないことがあります。当院のブラッシング指導では、患者さん一人ひとりのお口の状態に合わせて歯ブラシの当て方や動かし方などをアドバイスします。

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニング

歯科で使用する専用器具であるスケーラーを使い、歯面に付着するプラークや歯石を除去します。とくに歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝の汚れを取り除き、仕上げに歯面をなめらかにして汚れの再付着を防ぎます。

【奥歯を大切にしましょう】

奥歯には食べ物をすりつぶす大切な役割があります。飲み込む前に食べ物をしっかり細かくしなければならず、そのためには奥歯に大きな力がかかります。自分の体重とほぼ同じだといわれるほどの大きな力が何度もかかるのです。

咀嚼において大切な役割を果たす奥歯を1本でも失ってしまうと、咬む力が低下して食べ物の消化吸収に悪影響を与えてしまいます。また、咬むことで脳への血流が促されるので、咀嚼と認知症の関連性も指摘されています。

奥歯はとても大切です。毎日のケアや定期検診でのプロフェッショナルケアを活用して、しっかり守りましょう。

ご自宅での口腔ケア

毎日の歯ブラシでのケアに加えていただきたいのが、デンタルフロスや歯間ブラシの併用です。歯ブラシだけでは落としきれない汚れを効果的に落とすことができます。

デンタルフロス

歯と歯の間の汚れを落とします。デンタルフロスには指に巻いて使う糸巻きタイプとホルダーつきのタイプがあります。ご自身で使いやすいタイプを選びましょう。

デンタルフロスの種類
糸巻きタイプ ホルダーつきタイプ
糸巻きタイプ ホルダーつきタイプ
デンタルフロスの使用ポイント
  • 鏡を見ながら使用して、歯ぐきを傷つけないように注意しましょう
  • 使用後は口をゆすいで汚れを洗い流してください
  • 糸が引っかかったりほつれたりする場合には虫歯の可能性がありますので、歯科医院にご相談ください
歯間ブラシ

歯と歯の間のすき間が広い場合には歯間ブラシの使用をおすすめします。歯間ブラシの太さはさまざまですので、ご自身の歯に合った太さを選びましょう。また、I字型とL字型があり、L字型のほうが奥歯の汚れを落とすのに使いやすくなっています。

歯間ブラシの種類
I字型タイプ L字型タイプ
歯間ブラシの使用ポイント
  • 歯と歯の間のすき間に合わせて歯間ブラシを選ぶことが大切です
  • 歯間ブラシを使用する際には鏡を見ながら歯ぐきを傷つけないようにしましょう
  • 仕上げの口ゆすぎを忘れないようにしましょう