虫歯はできるだけ早く治療しましょう

「冷たい物がしみる」「甘い物を食べると歯が痛む」などの症状は、「虫歯」の可能性があります。痛みを我慢しても虫歯は自然には治りません。早い段階なら比較的かんたんな治療で済みますので、気になる症状がありましたら、お早めに当院までご相談ください。荒川区西日暮里の歯医者「はやしデンタルクリニック」では、できるだけ痛みを抑え、患者さんにご満足いただけるような高品質な治療をご提供しています。

虫歯は自然治癒しません

ごく初期の脱灰程度の虫歯を除いて、進行してしまった虫歯はどんどん悪化していきます。汚染された部位を取り除かなければ、虫歯の進行を止めることはできません。しかし、一度削ってしまった歯の部分は元には戻らず、健康な歯質を失ってしまいます。虫歯を再発させてしまうと治療の度に、歯の寿命はどんどん短くなってしまうのです。

虫歯の原因について

虫歯の原因について

虫歯のメカニズムをご紹介します。お口の中に残る糖分が虫歯の原因菌に分解され、ネバネバとした成分がつくられます。それが歯に付着するとプラーク(歯垢)が形成され、内部に潜む虫歯菌が糖分を分解して「酸」を出します。この「酸」が歯を溶かすのです。

いくつかの条件が重なったとき、虫歯は発症、進行します。その条件とは虫歯菌の存在、お口の中の食べかす、そして酸に弱い歯質です。つまり、虫歯を予防するためには、「食べたらみがく」を習慣にしてお口の中に食べカスを残さないようにしたり、定期的にプラークを除去したりするなど、歯質を強化するように心がけることが大切です。

虫歯にならないためのポイント
  • ブラッシングで「プラークコントロール」しましょう
  • 糖分を含む甘い物を摂りすぎないように心がけてください
  • よく咬んで食べて、お口の自浄作用がある唾液の分泌を促しましょう
  • キシリトールの活用やフッ素塗布により歯質の強化を心がけてください
  • ダラダラ食べるのはやめ、飲食は規則的に行い、お口がきれいな時間を増やしましょう
  • 定期検診を活用してお口のケアをしましょう
虫歯の進行段階
進行段階 症状と治療法
CO
【ごく初期の虫歯】
CO【ごく初期の虫歯】

【症状】
歯の表面のエナメル質が溶け始め白く濁って見える「脱灰」の状態です。痛みなどの自覚症状はまだ現れません。

【治療法】
ブラッシング指導フッ素塗布を行い、プラークを除去し、歯質を強化して歯の再石灰化を促します。

C1
【エナメル質の虫歯】
C1【エナメル質の虫歯】

【症状】
エナメル質がさらに溶かされ、歯の一部が黒く見える状態です。冷たい物がしみることがあります。

【治療法】
虫歯になってしまった部分を除去し、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて補います。

C2
【象牙質の虫歯】
C2【象牙質の虫歯】

【症状】
エナメル質の内側の象牙質にまで虫歯が進んだ状態です。「冷たい物がしみる」「甘い物を食べると歯が痛む」などの自覚症状が現れます。

【治療法】
虫歯部分を除去して、インレー(詰め物)を装着して補います。

C3
【神経】
C3【神経】

【症状】
象牙質の内側にある歯の神経にまで虫歯が進行した状態です。何もしなくてもズキズキと痛みます。

【治療法】
歯の神経の処置を行う「根管(こんかん)治療」を行います。その上にクラウン(被せ物)を装着して歯の機能を補います。

C4
【歯根に達した虫歯】
C4【歯根に達した虫歯】

【症状】
歯の大部分が溶けてしまった状態です。歯の神経が死んでしまうといったん痛みはなくなりますが、歯根の先に膿がたまると再び激しく痛みます。

【治療法】
ほとんどの場合、抜歯が選択されます。ブリッジ治療や入れ歯治療インプラント治療などで失った歯の機能の回復を図ります。

重度の虫歯は「根管治療」します

重度の虫歯になってしまい、歯の神経にまで汚染が及んでしまった場合、以前は抜歯が選択されていました。しかし歯を失うことで咬み合わせのバランスがくずれやすく、お口全体の健康に悪影響を及ぼしかねません。現代では医療技術の進歩により、「根管治療」によって歯を残せるようになってきています。

歯の中の神経や血管などが入っている根管は、とても細く複雑な形状をしています。肉眼では捉えきれないほど細かい部位の処置ですので、根管治療には拡大鏡を用いるなどの高度な技術が求められるのです。大切な歯を残すためにも、信頼のおける歯科医院で治療を受けることをおすすめします。

「知覚過敏」をご存じですか?

虫歯ではないのに歯がしみる場合は「知覚過敏」が疑われます。知覚過敏とは、小さな刺激に過敏に反応してしまう症状です。歯の表面を覆うエナメル質が何らかの原因で薄くなったり、傷ついてしまったりすることにより、歯の中に刺激が伝わりやすくなるのです。また、歯ぐきが下がってしまうと象牙質が露出するので、知覚過敏の症状が現れます。放置すると虫歯になってしまうこともありますので、歯ぐきに違和感があればできるだけ早めにご相談ください。

知覚過敏の原因
  • 強すぎるブラッシングで歯ぐきが下がったり、エナメル質が薄くなったりした場合
  • 歯ぎしりや咬みしめによる場合
  • 歯周病により歯ぐきが下がり象牙質が露出した場合
  • ホワイトニングによって一時的にしみる場合

詰め物や被せ物が取れてしまったら早めに治療しましょう

虫歯の治療で装着した詰め物や被せ物が外れてしまうことがあります。虫歯の再発や、咬み合わせの悪さ、強い歯ぎしりや咬み絞めを行っている場合です。ほかにもエナメル質の劣化や、詰め物や被せ物の劣化、人工歯を接着しているセメントの劣化が考えられます。

知覚過敏の原因
  • 虫歯
  • 咬み合わせの不具合
  • 強い歯ぎしりや咬み締め
  • 詰め物・被せ物の劣化
  • 詰め物・被せ物を接着するセメントの劣化
  • エナメル質など歯質の劣化
保険診療の治療方法
レジン(歯科用プラスチック)

レジン(歯科用プラスチック)

虫歯部分を除去したあと、レジンを埋めて特殊な光で硬化させて歯の機能を補います。経年により外れたり、欠けたり、着色してしまうことがあります。

メタルインレー(金属の詰め物)

メタルインレー(金属の詰め物)

金銀パラジウム合金を使用して削った歯の機能を補います。奥歯の詰め物として使用される、いわゆる銀歯です。

FCK(金属の被せ物)

FCK(金属の被せ物)

被せ物全体が金銀パラジウム合金でできています。保険の適用が可能です。

メタルコア

メタルコア

歯の神経にまで達した虫歯の根管治療を行った場合、保険診療の場合には土台(コア)を金属でつくります。

保険診療の詰め物・被せ物によるメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 費用負担が一部なので比較的安価
  • 比較的手軽に歯の機能回復ができる
  • 目立ちやすい
  • 経年により不具合が起きやすい
  • 虫歯などの再発を起こしやすい
  • 汚れがつきやすいので歯周病のリスクも少なくない

「はやしデンタルクリニック」では見た目の美しさとともに、
機能性の回復を図る審美歯科素材も扱っております。お気軽にご相談ください。

定期検診をおすすめします

定期検診をおすすめします

虫歯や歯周病は、どちらも初期にはほとんど自覚症状がありません。そのため、気づかずにいつの間にか進行させてしまう方が少なくないのです。ご自分では分からないお口の異変は、専門家に見つけてもらいましょう。定期検診では、お口の病気を早期発見・早期治療するだけでなく、クリーニングといった処置で口腔内の病気を未然に防ぐことにもつなげられます。

定期検診のメリット

メリット1:虫歯や歯周病を未然に防ぐ
早めに対処できれば、歯を長持ちさせられます。

メリット2:治療時の痛み・時間などの負担を抑えられる
お口の病気は重度になると、治療も大がかりになってしまいます。

メリット3:定期的なクリーニングでお口の中がさっぱりする
毎日のセルフケアでは落としきれない汚れも、プロフェッショナルケアならきれいにできます。

虫歯や歯周病は予防可能です。
そのためにおすすめなのが毎日のブラッシングと定期検診です
予防歯科についてはこちら

お子さんの歯の健康を守るために

お子さんの歯の健康を守るために

子どもの歯である乳歯は、大人の歯、永久歯とくらべて歯のバリアの役目をするエナメル質が半分ほどの薄さしかありません。そのため、虫歯菌が出す「酸」に対する抵抗力も低く、虫歯になりやすいうえ進行も早いのが特徴です。自分で口腔ケアができない幼いお子さんに代わって、お口の健康を守れるのは親御さんの役目です。こちらではお子さんのお口まわりの健康管理のためにできることをご紹介します。そして、私たちも歯科医療の専門家としてしっかりサポートいたします。

子どもの虫歯予防のポイント
規則正しい食生活を

ダラダラと食事をしているとお口の中に糖分が長く残ってしまうので、虫歯のリスクが高まります。なるべく規則正しい生活習慣を心がけ、お口がきれいな時間を増やしましょう。

おやつに工夫を

虫歯予防のためには糖分が多いおやつを控えることをおすすめします。ノンシュガーやキシリトール入りのおやつを活用しましょう。また、糖分の多いジュースにも注意しましょう。

ブラッシングの習慣を

食後のブラッシングを習慣にしましょう。ブラッシングができないときでも食後に口ゆすぎを徹底して、できるだけ糖分を残さないように心がけましょう。

こんなクセはありませんか?

お子さんは成長期にあります。そのためわずかな力が加わることで歯列や顎の骨の成長が影響されてしまいます。もしお子さんに次のようなクセがある場合、歯並びに悪影響を与えることがあるので注意しましょう。

歯に負担がかかるクセ 顎の骨や関節に負担となるクセ 口腔内環境に悪影響なクセ
  • 指しゃぶり
  • 爪や唇を咬むクセ
  • 舌で歯を押すクセ
  • 歯ぎしり
  • 強い咬みしめ
  • ほおづえ
  • うつぶせ寝
  • 横向き寝
  • 歯ぎしり
  • 強い咬みしめ
  • 口呼吸
  • よく咬まない
  • 丸のみする
歯医者へ連れて行くタイミング

虫歯になるリスクは歯が生えた時点から始まります。乳歯は生後6ヶ月くらいから生え始めますので、そこからケアを始めてください。どんなケアをすればいいのか、どんな注意が必要なのかをアドバイスしますので、お子さんに歯が生えたら一度ご来院ください。

「乳歯はやがて永久歯に生え替わるから」と虫歯を放置していませんか? それではこれから生えてくる大切な永久歯に悪影響を与えます。それは永久歯が虫歯になりやすい環境に生えてくるからです。

歯の健康は身体の健康にもつながります。幼いころからブラッシングを習慣にして口腔ケアを身につけていれば、将来的に虫歯になるリスクを抑えることができます。そして歯科医院での定期検診を習慣にしてしまえば、いつまでも虫歯のない歯にすることも夢ではなくなるのです。

小児歯科メニュー
ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子さんの成長度合いや歯並びに合わせ、汚れを効果的に落とせるブラッシングの方法をアドバイスします。親御さんには仕上げみがきのコツをお伝えします。

シーラント

シーラント

奥歯の溝は深く複雑な形状をしているので汚れがたまりやすく、虫歯にかかるリスクが高い部位です。この溝をあらかじめレジン(歯科用レジン)で埋めて虫歯を防ぎます。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強くし、歯の再石灰化を促す作用が期待できるフッ素を歯面に塗布します。定期的なフッ素塗布が虫歯予防に有効です。

「冷たい物がしみる」「歯が傷む」「子どもの歯が心配」
お口まわりのことは当院までお気軽にご相談ください
24時間インターネット受付 WEB診療予約はこちら