天然歯を守るための治療法です

虫歯歯周病、ケガなど歯を失ってしまう原因はさまざまです。失った歯を放っておくとまわりの歯が倒れ込んできたり、咬み合っていた歯が伸びてきたりするなど、噛み合わせのバランスがくずれる心配があります。歯を1本失うことがお口全体の健康に悪影響と与えてしまうのです。

荒川区西日暮里の歯医者「はやしデンタルクリニック」では、失った歯の機能を補うための「インプラント治療」に対応しています。ご満足いただける高品質な治療をご提供していますので、お気軽にご相談ください。

インプラント治療とは?

歯を失ってしまった部位の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込んで支台にします。そしてその上にセラミック製の被せ物を装着したり、特殊な入れ歯を使用したりして歯の機能を補うのです。自然な見た目を得られるうえ、しっかり咬めるようになる治療法です。

インプラント治療のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 健康な歯を削ったり、隣の歯にバネをかけたりしないので、周囲の歯に負担をかけない
  • 硬い物でもしっかり咬める
  • 顎の骨としっかり結合して独立する
  • 自然な見た目に仕上げられる
  • 見た目や使用感が天然歯に近い
  • 自費診療なので費用が比較的高額
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長め
  • 長持ちさせるためにはメインテナンスが欠かせない
  • 毎日のケアが必要
インプラント治療とブリッジ治療、入れ歯治療の違い

失ってしまった歯の機能を補う補綴(ほてつ)治療にはインプラント治療のほかに、「ブリッジ治療」と「入れ歯治療」があります。それぞれに特徴がありますので、ご自身に合った治療を選ぶことが大切です。

  インプラント治療 ブリッジ治療 入れ歯治療
  インプラント治療 ブリッジ治療 入れ歯治療
治療方法 人工歯根を埋め込んで歯の機能を回復させる 隣の歯を削って支台にし、連結した人工歯を装着する 床がついている取り外し可能な入れ歯により、歯の機能を回復する
咬む力 天然歯のような咬み心地 ほとんど違和感がない 比較的弱い
見た目 自然に仕上がる 自然に仕上げられる 目立つことがある
治療期間 半年~1年ほどと長い 比較的短い 早ければ1ヶ月ほど
ほかの歯への負担 ほかの歯に負担をかけないがメインテナンスが必要 健康な歯質を削らなければならず、大きな負担をかける バネをかけた歯に大きな負担をかけ、その歯の寿命を縮めてしまう
インプラント治療の流れ
Step1初診・カウンセリング

初診・カウンセリング

当院ではカウンセリングを重視しています。お口のお悩みをじっくり伺い、インプラント治療についての疑問・質問に丁寧にお答えします。

Step2検査

検査

インプラント治療を安全に行うためには、お口まわりの詳細情報の収集が欠かせません。当院では歯科用CTを活用し、立体画像上で歯や顎の骨、そして血管や神経の位置を把握します。そしてインプラント治療を行う際のシミュレーションを行い、どの位置にインプラントを埋入するかなどを検討します。

Step3診断とご説明

診断とご説明

検査結果やシミュレーションをふまえて治療方針を立案し、患者さんに分かりやすくご説明します。十分にご理解・ご納得いただいてから治療を開始します。

Step4インプラント埋入手術

インプラント埋入手術

歯肉に麻酔をした後に切開し、インプラントを埋入する部分の顎の骨にドリルで穴を開け、インプランターにてインプラントを埋め込みます。最後に傷口を縫合します。

Step5治癒期間

治癒期間

チタン製のインプラントが顎の骨と結合するまで、治癒期間を設けます。治療部位により数週間から数ヶ月の期間、待機します。

Step6土台の装着

土台の装着

インプラントと顎の骨の結合を確認したら、再び歯ぐきを切開し、人工歯の土台となるアバットメントを人工歯根に装着します。

Step7人工歯の装着

人工歯の装着

歯ぐきが治癒したら、土台部分にセラミック製の人工歯を装着します。

Step8メインテナンス
インプラントを長持ちさせるためには、毎日のセルフケアと定期的な歯科医院でのメインテナンスが欠かせません。口腔内環境を清潔に保つことでインプラント周囲炎などを予防し、インプラントを長く使い続けられます。

インプラントのトラブルについて

残念ながらインプラント治療にトラブルがまったくないわけではありません。これからインプラント治療を受けようという方へ、インプラントトラブルの原因や安心の歯科医院の選び方をご紹介します。事前に把握しておけば、トラブルを回避できるでしょう。

インプラント治療でトラブルが起きる原因

インプラント治療のトラブルが起きる理由として一番に挙げられるのは、「技術力のない歯科医師がインプラント治療を行っている」という点です。大学などで専門的に学ばなくても、歯科医師資格さえあれば、インプラントメーカーなどが催す研修や講習会などに参加するだけでインプラント治療を行えてしまうのです。

また、インプラント治療には高度な技術が必要とされ、外科手術をともなうことを理解しているにも関わらず、安易に治療を開始してしまう歯科医師が増えていることにも原因があります。日本の歯科医院の数はコンビニの数よりも多い昨今、患者獲得のため、インプラント治療を希望する患者さんのニーズに応えたいという気持ちだけでなく、利益率が高い自費のインプラント治療を強くすすめるケースが増えているのです。こうした背景もあって、知識や技術が十分にない歯科医師が治療を推し進め、トラブルが急増しているのです。

注意が必要な歯科医院について
  • インプラントのメリットばかりアピールし、デメリットについて説明が少ない
  • 患者さんの気持ちが定まらないのに治療を強くすすめてくる
  • ほかの治療法の説明がない
  • 治療費が前払いである
  • アフターメインテナンスや保証がない
実際にあった失敗例
ケース1:インプラントの脱落

インプラントが顎の骨としっかり結合せず脱落してしまうケースです。多くは埋入時にドリルで穴を空ける技術が未熟なために起こります。また、顎の骨が十分でなかったり、薄かったりした場合にも起こります。この場合、事前の診断が甘かったといわざるをえません。
※ただ、ここのところは技術や素材の進歩によりこういったケースは少なくなってきています

ケース2:人工歯が取れる・折れる

人工歯のみが取れたり折れたりするなら、咬んだときの力が局所的にかかってしまったことが考えられます。インプラント治療を行う前のシミュレーションで、バランスのよい咬み合わせとなるよう検討されていないことが原因と考えられます。

ケース3:しっかり咬めない

これもシミュレーションが不十分なために起こるトラブルです。また、シミュレーションをしたにも関わらず、治療技術が未熟で埋入位置や方向が悪いと、よい咬み合わせが実現できず、しっかり咬めないことになるのです。

ケース4:インプラント周辺の歯ぐきが腫れた

これもインプラント埋入後、咬み合わせの調整が十分に行われていないことが原因として考えられます。咬む力が過度にインプラントの負担となっているため、周辺の骨が溶けたり、細菌に感染したりして起こる症状です。

患者さんの状態に合わせたインプラン治療をご提供します

インプラントを埋入する顎の骨の状態は患者さん一人ひとりで異なります。骨が十分にある場合だけでなく、薄かったり少なかったりする場合もあるのです。顎の骨が不十分なために他院で治療を断られた方も、当院までご相談ください。骨の再生療法などの特殊な処置を施すことでインプラント治療が可能になる場合があります。

インプラントの種類・方法

当院では、歯がまったくない方や、治療期間を短縮したい方への治療にも対応しています。これらはどなたにでも受けていただけるわけではなく、治療できると診断できた場合にかぎりますが、希望される方に合った方法をご提案できるようあらゆる方面から検討させていただきます。

PIB(プロセラインプラントブリッジ)
PIB(プロセラインプラントブリッジ) PIB(プロセラインプラントブリッジ)

プロセラとは、スウェーデンで開発された金属を使用しないオールセラミックの白い人工歯のことです。金属不使用なのでアレルギーを起こす心配がなく、黒ずむこともありません。天然歯と変わりない透明度を持った美しい歯が再現できます。

CAD/CAMで削り出したプロセラを使用して、複数の歯を補うブリッジを作製します。従来のインプラントやブリッジよりも手間がかからず、さらに軽いことも魅力です。

PIB(プロセラインプラントブリッジ)のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 歯のバランス確保ができる
  • 精度が高く、咬みやすい
  • しっかりと口腔内に適合し、アレルギーが起こらない
  • 軽くて費用も比較的安価で済む
  • 保険が適用しないため、料金が高い
インプラントオーバーデンチャー(ドルダーバー)
インプラントオーバーデンチャー(ドルダーバー) 総入れ歯をインプラントで支える方法です。長く総入れ歯をご使用で顎の骨が痩せ、入れ歯の使用が困難になってきた方におすすめです。バー(棒)で入れ歯の裏側(内面)をかっちり挟み込むので、強固な安定性があります。

インプラントオーバーデンチャー(ドルダーバー)のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 入れ歯を取り外してお手入れできる
  • 入れ歯がインプラントでしっかり固定され、しっかり咬める
  • 入れ歯にくらべ、外れることがない
  • アタッチメントが徐々に弱くなることがあり、定期的に交換が必要
インプラントオーバーデンチャー(フリーフォームミルドバー)
インプラントオーバーデンチャー(フリーフォームミルドバー) インプラントオーバーデンチャー(フリーフォームミルドバー) 総入れ歯をインプラントで支える方法です。長期間にわたって総入れ歯をご使用されたために顎の骨が痩せ、入れ歯の使用が困難になってきた方におすすめです。バー(棒)で入れ歯の裏側(内面)をかっちり挟み込むので強固な安定性があります。

インプラントオーバーデンチャー(フリーフォームミルドバー)のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 設計段階で自由度が広いので、対応できる幅も広い
  • 入れ歯を取り外してお手入れできる
  • 入れ歯がインプラントでしっかり固定され、しっかり咬める
  • バーの厚みがある
インプラントオーバーデンチャー(ロケーター)
インプラントオーバーデンチャー(ロケーター) 総入れ歯をインプラントで支える方法です。長く総入れ歯をご使用で顎の骨が痩せ、入れ歯の使用が困難になってきた方におすすめです。こちらも最小で2本のインプラント埋入で済むことから、さまざまな負担が軽減されます。当院ではノーベル・バイオ・ケアジャパンのロケーターというアバットメントを使用しています。

インプラントオーバーデンチャー(ロケーター)のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 最小2本のインプラント埋入で済み、体への負担が小さい
  • 入れ歯を取り外してお手入れできる
  • 入れ歯にくらべ、外れることがない
  • ほかオーバーデンチャーとくらべると安価
  • 1本のインプラントに対して負荷がかかることがある
オールオンフォー
オールオンフォー オールオンフォーは、上下の顎のいずれかに1本も歯がない場合に行う方法です。片顎に最小で4本のインプラントを埋入し、前歯から奥歯まで連なった人工歯を維持します。顎の骨に多くのインプラントを埋入するよりも、身体への負担を抑えることができます。

オールオンフォーのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 最小4本のインプラント埋入で済み、さまざまな負担が小さい
  • しっかり固定されるため、食事や会話も楽にできるようになる
  • 治療期間や治療回数を抑えられる
  • 一番奥の歯を入れることができない
即時埋入
即時埋入 これまでは、抜歯後数ヶ月待ってインプラントを埋入する必要がありました。しかし、医療技術の進歩と当院の技術により抜歯したその日にインプラントを埋入することが可能となります。

即時埋入のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 治療期間や治療回数を抑えられる
  • 前歯の歯ぐきなど、天然歯があった状態に近い形で埋入できる
  • 抜歯後の治癒力で傷口の回復が早い
  • 抜歯した顎の骨が痩せるリスクが低くなる
  • 骨の状態によってはインプラントを埋入・固定することが難しい場合がある
  • 手術を追加で行う必要がある場合がある
骨量が少ない方への対応

当院では、骨量が少ない方への治療にも対応しています。十分な骨量がない場合に、次のような処置を行うことでインプラント治療を可能にします。

サイナスリフト

上顎の骨の上部に「上顎洞(じょうがくどう)」という空間があります。サイナスリフトでは、インプラントを埋入する部分の横から歯ぐきをめくり、上顎洞を持ち上げて人工の骨補填材を入れます。半年ほどでインプラント埋入に耐える骨量が確保できます。

サイナスリフト

ソケットリフト

インプラントを埋入する部分の下側の骨から、人工の骨補填材を挿入し専用器具で上顎洞の底を押し上げる方法です。持ち上げた部分にインプラントを埋入したのち、約4~5ヶ月で骨の役割を果たし、インプラントを固定できるようになります。

ソケットリフト

GBR

骨が足りない部分に「メンブレン」という膜を設置し、骨の再生を促します。骨よりも再生が早い歯肉の侵入を防ぎながら、骨量を確保していきます。

GBR

料金一覧

インプラント埋入+被せ物 400,000円
インプラントオーバーデンチャー 250,000円(埋入代)+200,000円~300,000円
サイナスリフト 300,000円
ソケットリフト 200,000円
GBR 50,000円~150,000円
(埋入代に含まれる場合もあります)

※料金はすべて税別表示です