• ホーム > 
  • ダイレクトボンディング

治療した歯の見た目にお困りではありませんか?

  • 「治療した歯が変色してきたので治したい」
  • 「前歯の隙間を治したい」
  • 「歯の見た目を直したいけど審美治療は金額が気になる」

実はこれらのお悩みはダイレクトボンディングで解消することができます。

ダイレクトボンディングとは?

ダイレクトボンディングとは、色や透明感が天然の歯に近いプラスチック素材を歯の表面に貼り付ける審美的な治療法です。従来の銀歯などのように目立つこともなく、白い歯を演出できるため、治療した跡が気になってしまい大きく笑うことができなかった、といったお悩みを解消することができるものです。 自費治療となりますので、通常の保険治療よりは費用がかかってしまいますが、通常の審美治療と比べてリーズナブルに治療を行うことができ、さらに基本的に1日で治療が完了するため急いで歯の見栄えを良くしたい方にもおすすめです。

ダイレクトボンディングのメリット

ほとんど削ることがないため歯に優しい

直接歯に素材を接着するため、基本的に歯を削ることがありません。歯は削れば削るほど寿命が縮まってしまうため、老後の多くの歯を残すためにもできるだけ削らないことが歯の治療全般を通して重要です。

金属アレルギーに悩まされない

治療に使う素材は歯科用のプラスチック素材です。金属アレルギーのある方でも利用することができるだけでなく、金属が溶け出して歯肉が変色するといった問題点もクリアしています。

短時間で治療が終わる

治療にかかる時間は平均して30分から1時間です。治療のために何度も通院することが難しい方には特におすすめです。ただし歯の形を直すときには型採りが必要になることもあります。そのような場合は複数回の通院が必要なこともあるため、事前にお問い合わせください。

治療費用が低価格

セラミック素材を利用した審美治療やインプラント治療では治療費が10万円を超えることも珍しくありません。当院では1歯につき30,000円で治療を行えるため、上記治療などと比べてリーズナブルに治療をお受けできます。

ダイレクトボンディングのデメリット

経年劣化で変色する可能性がある

審美治療でよく使われるセラミックなどの陶材ではほとんど起きませんが、ダイレクトボンディングはプラスチック素材を利用しているため、経年劣化で艶がなくなったり変色することがあります。しかし当院では保証期間を長めの3年間設けているため、定期検診を行っていただくことで長い時間当初の色・艶を保つことが可能です。

プラスチック素材のため耐久性に不安

セラミックと比べると柔らかいプラスチック素材を利用しているため、強い力がかかるとかけてしまうことがあります。基本的に通常の食生活では問題はありませんが、歯ぎしりや食いしばりの癖がある場合には注意が必要です。

保険診療と自費診療の違い

保険診療では医療費の負担が一部で済むため比較的安価に治療を行えますが、使用できる素材や方法が限定されてしまうため、患者様のご希望に最大限沿うことが難しい場合もあります。 特に歯の治療においては重視される部分は「噛む機能」であるため、見栄えを度外視してしまう問題点があります。その点に不満を持ち、自費診療をご希望される患者様もしばしばいらっしゃいます。

保険治療
施術前 施術後
ダイレクトボンディング 施術前 ダイレクトボンディング 施術後
施術前 施術後
ダイレクトボンディング 施術前 ダイレクトボンディング 施術後
【噛む面】のみの銀歯(虫歯)→白い歯!

1歯当たりの費用1500円程度(虫歯の除去も含む)施術直後の写真ですが、どうしても治療を行った箇所の色味は黄色に近くなってしまいます。

また、詰め物をするために歯を削る量がどうしても増えてしまうデメリットも抱えています。削る量が増えてしまうと将来的にインプラントや入れ歯に頼らなければならない場合もあります。

自費治療
施術前 施術後
ダイレクトボンディング 施術前 ダイレクトボンディング 施術後
施術前 施術後
ダイレクトボンディング 施術前 ダイレクトボンディング 施術後
【隣の歯との間】を含む銀歯→白い歯

1歯当たりの費用27000円(維持管理・保守期間3年)
※口腔内の状況に応じて定期検診していただけますと長くお使いいただけます。

自然歯に色や艶が限りなく近いため、保険での治療と比べると治療した箇所がほとんどわかりません。また、削る量も限りなく少ないため生涯ご自身の歯で食事ができる可能性も高まります。

「銀歯の見た目を改善したい」「前歯の隙間を埋めてきれいにしたい」
「生涯自分の歯で食事を続けたい」
お口まわりのことは当院までお気軽にご相談ください。
24時間インターネット受付 WEB診療予約はこちら