診療コンセプトについて

東京都荒川区西日暮里の歯医者「はやしデンタルクリニック」では、患者さんにご満足いただけるように高品質な歯科治療をご提供しています。私たちは地域のみなさんがいつまでもご自分の歯で過ごしていただけるように、口腔内の治療による機能回復だけでなく、予防にも力を入れています。こちらでは当院の診療コンセプトをご紹介します。

歯の寿命を延ばし、いつまでもご自分の歯でお過ごしいただけるように努めます

歯には大切な役目があります。お口は消化器官の一部として食べ物の咀嚼を行いますので、しっかり咬むことができなければ胃腸などの消化器官に大きな負担をかけてしまいます。「食べること」は生活そのものであり、食べることが難しくなってしまったら人生の楽しみが一つ減ってしまうのではないでしょうか? また、会話をするにも笑顔になるにも歯を中心とするお口まわりの健康が大切です。

歯の寿命を延ばし、いつまでもご自分の歯でお過ごしいただけるように努めます

いつまでもご自分の歯を保っていただくために、当院では患者さんの歯の寿命を延ばしたいと考えています。虫歯になってしまった場合にはできるだけ早く治療を行い、歯の機能を補います。そして心がけているのが再発・再治療をできるだけ行わずに済む、高品質の診療のご提供です。

歯の寿命を延ばし、いつまでもご自分の歯でお過ごしいただけるように努めます

ただし、天然歯に勝る人工歯はありません。治療によって虫歯や歯周病などのお口のトラブルの悪化を止めることはできますが、一度失ってしまった健康な歯質は取り戻すことはできません。そこで、大切な自分の歯を失わないためにおすすめしたいのが予防歯科です。毎日のセルフケアに加えて当院での定期検診をご活用いただき、虫歯や歯周病の予防や早期発見・早期治療につなげていきます。

再発・再治療を繰り返す負のサイクルに陥らないように診療します

虫歯や歯周病は再発しやすい病気です。虫歯治療を行った場合、虫歯に汚染された部位を除去したあと、詰め物や被せ物などの人工歯を装着して歯の機能を補います。このときに、人工歯と歯質の間に詰めるセメントが経年により劣化したり、人工歯と歯質の間にすき間ができてしまったりすると、そこから汚れが入ってしまうことでふたたび虫歯にかかりやすくなります。健康な歯質を余計に失うことになり、再治療を繰り返すなど負のサイクルに陥ってしまうと、抜歯のリスクを高めて大切な歯を失ってしまいます。

再発・再治療を繰り返す負のサイクルに陥らないように診療します

この再発・再治療の負のサイクルを打破するためには、高品質な治療だけでなく治療後のメインテナンスが大切です。毎日のブラッシングとともに定期検診をご活用いただくことで、歯の寿命を延ばすサポートをいたします。

ルーペ(拡大鏡)精度の高い治療

歯はとても小さく、裸眼ではとても捉えきれないような細かい部位の処置もあります。当院では精密診療を行うために拡大鏡を活用。拡大視しながら治療部位をしっかりと把握し、精密な処置を行っています。また、衛生管理も徹底しており、診療ユニットには口腔外バキュームを設置して粉塵や唾液や血液が室内に飛散してしまうのを防いでいます。

「永続性」の高い処置・治療で大切な歯を守ります

「予知性」の高い処置・治療で大切な歯を守ります

「歯の寿命を延ばす」「歯を失うことにつながる再発・再治療を回避する」「精密診療をご提供する」を診療コンセプトにしている当院では、歯周病治療にとくに力を入れています。歯周病は日本の成人の約8割がかかっているか予備軍といわれているほどの国民病です。そして日本の成人が歯を失う原因の第1位だといわれています。

歯周病は歯と歯ぐきの溝に付着するプラーク(歯垢)や歯石に潜む、歯周病菌によって引き起こされます。歯周病菌が出す毒素によって歯ぐきが炎症を起こし、放っておくと歯を支える歯周組織や顎の骨が溶けてしまい、やがては歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。歯の寿命を延ばすためには歯周病の治療や予防が欠かせません。歯周病の発症を未然に防ぐためには、歯の汚れが着きやすい部位を把握してしっかりとしたブラッシング方法を身に付ける、歯科医院での定期検診で歯のクリーニングを受ける、人工歯と歯とのすき間を改善するなど、歯周病になりにくく、プラークコントロールがしやすいように口腔内環境を整えることが大切です。

「はやしデンタルクリニック」では、虫歯にしても歯周病にしても「予知性」を高めて口腔内の健康維持につなげています。お口全体を一つの単位として捉え、天然歯を守るためにプラークコントロールに力を入れています。