合わない入れ歯に困っていませんか?

入れ歯には失った歯の機能を補うための治療法として、長い歴史があります。比較的手軽に作製できますが、「よく咬めない」「見た目が悪い」「外れやすい」「痛い」などのイメージがあるかもしれません。しかしそれは、お口にぴったり合っていなかったり、咬み合わせが整っていなかったりすることが原因かもしれません。入れ歯のお悩みがありましたらお気軽に荒川区西日暮里の歯医者「はやしデンタルクリニック」にご相談ください。

お口に合った入れ歯を手に入れましょう

歯を失ったままにしておくと、まわりの歯が倒れ込んできたり、咬み合っていた向かいの歯が伸びてきたりするなど、口腔内のバランスが崩れてしまいます。そうならないように歯を失ったらできるだけ早く治療することが大切です。

ご自身の入れ歯に不具合はありませんか? 入れ歯をつくる際に、咀嚼においての顎の動きや筋肉のはたらき、歯ぐきの形状などを考慮して歯型を取り、さらに上下の歯の咬み合わせや動きに配慮すれば、入れ歯は快適に使用できるはずです。これは保険診療の入れ歯も自費診療の入れ歯も同じです。ただし、歯ぐきの形状が変化したり、入れ歯がすり減ったりするため、作製した当初は快適でも使っているうちにだんだん合わなくなることがあります。入れ歯をずっと快適に使用するためには、定期的なメインテナンスが欠かせません。

入れ歯について何でもご相談ください。調整や修理を行います。またさまざまなタイプの入れ歯に対応していますので、患者さんのこだわりを実現できるような入れ歯につくり替えることも可能です。

入れ歯治療のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 歯型採取をするだけで作製可能なので、患者さんへの治療においての負担が少ない
  • あらゆる症例に対応可能
  • 1ヶ月ほどで治療可能
  • 取り外しができお手入れが比較的かんたんにできる
  • ほかの治療よりも咬む力が弱めになる
  • 慣れるまで違和感がある
  • 見た目に入れ歯と分かってしまいやすい
  • 金属のバネを使用する場合、固定する歯に大きな負担をかけてしまう

保険診療と自費診療の入れ歯の違い

保険診療の入れ歯は医療負担が一部で済むので、比較的安価に作製できます。全国どこでも同じような治療が受けられる反面、使用素材や作製方法が限定されてしまいます。また重点を置いているのが咬む機能の回復ですので、「装着感」「見た目の自然さ」「味覚を助ける」「飲食物の温度を楽しむ」などのこだわりの実現は難しくなります。患者さんのライフスタイルに合わせた入れ歯をつくることができるのは、自費診療の入れ歯です。

  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
素材
  • レジン(歯科用プラスチック)
  • 金属のバネ(部分入れ歯の場合)
  • さまざまな選択肢がある
期間
  • 早ければ1ヶ月ほど
  • 素材によっては時間がかかる
使用感
  • あまり強く咬めないことがある
  • 歯ぐきに当たる部分が比較的厚いので違和感がある
  • 食べ物の温度が分かりにくい
  • 比較的しっかり咬める
  • 快適な素材を選べる
  • 薄く丈夫な素材を選べる
  • 食べ物の温度や味を感じやすい素材を選べる
  • 耐久性が高い素材を選べる
見た目
  • 入れ歯だと分かりやすい
  • より自然な見た目に仕上げられる
修理・調整
  • 壊れやすいが修理・調整もしやすい
  • 壊れにくいが修理が難しいことがある

入れ歯の種類

レジン床義歯(保険診療)

レジン床義歯(保険診療)

レジン(歯科用プラスチック)で作製した入れ歯です。部分入れ歯の場合は金属製のバネがつきます。治療期間が比較的短くさまざまな症例に対応可能です。装着感があまりよくありませんが、比較的安価に治療できます。

金属床義歯(自費診療)

金属床義歯(自費診療)

床の部分を金属でつくった入れ歯です。丈夫なうえ薄いので装着感がよく、飲食物の温度も伝わりやすいので味覚を助けます。使用金属の種類により装着感や費用が異なります。また、金属アレルギーのリスクがあります。

ノンクラスプデンチャー(自費診療)

ノンクラスプデンチャー(自費診療)

金属のバネ(クラスプ)がない部分入れ歯です。フィット感がある特殊な素材を使用しているので、装着感に優れています。バネがないのでより自然な見た目にできます。温度変化には弱い素材で、金属床義歯ほど温度が伝わりません。

クリアクラスプデンチャー(自費診療)

クリアクラスプデンチャー(自費診療)

透明なバネを使用している部分入れ歯です。バネが目立たないため見た目がすっきりしています。ただし、金属のバネよりも摩耗しやすく耐久性は劣ります。

マグネットデンチャー(自費診療)

マグネットデンチャー(自費診療)

残っている歯根に磁性金属を埋め込み、入れ歯には磁石を装着して磁力により入れ歯を固定します。しっかりと固定されるのでグッと咬みしめることができるうえ、固定装置が見えないので入れ歯だと分かりにくくなっています。治療には歯が数本残っている必要があります。

ミリングデンチャー(自費診療)

残っている歯に被せ物を装着し、それを内冠として外冠は入れ歯に取りつけて固定します。固定されるのでしっかり咬めます。施術には高度な技術が必要で、対応している歯科医院は多くありません。

料金一覧

金属床義歯 コバルトクロム 部分義歯:300,000~350,000円
総義歯:450,000円
チタン 部分義歯:400,000~450,000円
総義歯:500,000円
ゴールド 1,000,000円
ノンクラスプデンチャー ※歯の数により異なります 200,000円~
マグネットデンチャー 1セット 100,000円
ミリングデンチャー 350,000円
ホワイトクラスプ 1ヶ所 50,000円
陶歯 10,000円

※料金は税抜き表示です。