いつまでも健康な歯を保つために

虫歯歯周病は発症と進行のメカニズムが分かっているので、十分に予防できます。その基本は毎日のブラッシングですが、「毎日ブラッシングしているのに虫歯になった」という方もいらっしゃるでしょう。それは自己流のブラッシングでは汚れを落としているつもりでも、どうしても落としきれないことがあるからです。

毎日のセルフケアに加えていただきたいのが、歯科医院でのプロフェッショナルケアです。定期検診が歯の健康維持をサポートします。荒川区西日暮里の歯医者「はやしデンタルクリニック」の予防歯科にご相談ください。

一生、自分の歯で過ごしませんか?

「歯医者は歯が痛くなったら行くところ」だとお考えではありませんか? 確かに少し前までは、歯科医院は治療のために行くのが当たり前でした。しかし、それでは虫歯や歯周病にかかってしまってからの対処療法しかできません。いったん病気になってしまうと歯や歯ぐきの健康が損なわれます。そして健康な歯質を失ってしまうのです。歯科治療をすれば病気の進行を止めることはできますが、元の健康な天然歯には戻せません。また、虫歯も歯周病も再発しやすい病気です。何度も再発させてしまうと、治療の度に口腔内の健康が損なわれてしまうのです。

定期検診をおすすめします

歯科医院には「歯が痛くならないように」「病気にならないように」通いませんか? 歯科の定期検診では歯周病や虫歯のチェックや、歯のクリーニングを行います。毎日のセルフケアでは落としきれないプラーク(歯垢)や歯石を徹底的に除去し、お口の2大トラブルの予防に効果を発揮します。

PMTCについて

PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」のことで、歯科プロフェッショナルによる専用器具を用いた歯のクリーニングのことです。歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝の汚れを徹底的に落とします。また、歯面に付着する軽い色素沈着やタバコのヤニによる着色も除去可能です。

当院ではエアフローを用いて、歯の汚れや着色を除去しますので、お口の中がサッパリします。歯のクリーニングは口腔ケアのプロフェッショナルである歯科衛生士が行うため、リラックスしてお受けいただけます。

歯の大切な役割について

毎日、とくに意識をせずに歯を使っています。そして歯のありがたみを痛感するのは、虫歯になったり歯周病になったり歯を失ったりしたときだといいます。失ってからでは遅いのです。そうならないように改めて歯の大切な役割について自覚を持ってください。そこから口腔ケアへの関心が高まるはずです。

歯や歯ぐきの役割
咀嚼する 異物を認識する 発音を助ける
食べ物を咬み切り、細かく砕き、すりつぶすことで胃腸への過度の負担なしに栄養補給ができます。 口の中の物の咬んだときの硬さの違いによって異物(石や骨)など察知して、飲み込んでしまうのを防ぎます。 歯があることで舌、唇の位置が安定するので明瞭な発音がかんたんにできます。
味覚を助ける 表情をつくる バランスを保つ
飲食物の温度を感じ、歯ざわりや咬み心地を楽しむことで味覚を助けます。 歯があり顎の骨が健康で筋肉が健やかであればお顔の表情が豊かになります。 咬み合わせのバランスは全身のバランスにもつながります。瞬間的な力を発揮するときにも役立ちます。

歯科衛生士が予防をサポートします

歯科衛生士が予防をサポートします

虫歯や歯周病予防につながる歯のクリーニングは歯科衛生士が行います。口腔内を観察して汚れのつき具合などをチェックして、どのようにブラッシングすればいいのかなどのアドバイスを行います。お口まわりのお悩みは何でもご相談ください。いつまでもお口の健康を保つため、しっかりサポートいたします。

予防メニュー

定期検診

定期検診

歯のクリーニングを行っても3ヶ月ほどすると、また汚れが戻るといわれています。定期検診を受けていれば、もしすでに病気を発症していたとしても自覚症状が現れる前ですので、早期発見・早期治療につながります。もちろん、歯の健康を維持する予防にも有効です。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

自己流のブラッシングのみがき残しを見つけ出し、適切な歯ブラシの当て方や動かし方をアドバイスします。一人ひとり異なるお口の状態に合わせて分かりやすくご説明しますので毎日のセルフケアにつなげてください。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質の強化や歯の再石灰化を促す効果が期待できるフッ素を歯面に塗布します。フッ素には細菌の活性化を抑えるはたらきもあるので、定期的なフッ素塗布が虫歯予防に有効です。

PMTC

PMTC

さまざまな器具を使い分けて歯面や歯と歯の間、歯と歯ぐきの間の汚れを落とします。仕上げに歯面を滑らかにみがいて汚れの再付着を防ぎます。プラークを落とすことが虫歯や歯周病の予防に直結します。

咬み合わせチェック

咬み合わせチェック

咬み合わせが悪いと、一部の歯に負担がかかってしまい、その歯を傷めることにつながります。また顎の骨や顎関節にも悪影響を与えるリスクがあり、さらには全身のバランスにも影響する可能性もあるので、咬み合わせのチェックは大切です。