進行してしまった歯周病の治療について

毎日ケアしていてもなかなか「歯周病が治らない」「歯ぐきから膿が出る」「歯がぐらつきだした」などのお悩みはありませんか? その場合、重度の「歯周病」が疑われます。そのまま放っておくと歯が抜け落ちてしまうことにもつながりますので、なるべく早く荒川区西日暮里の歯医者「はやしデンタルクリニック」にご相談ください。外科処置を中心に歯を守るための治療をご提供します。

歯周病の進行について

歯周病は大きく2種類に分けられます。一つは口腔常在菌が引き起こす歯周病で、歯石除去や効果的なブラッシングにより、歯ぐきの腫れなどの症状が改善されていきます。しかし、歯周病の基本ケアでは改善しない場合に疑われるのが、特定の歯周病菌による感染です。

歯周病菌にはたくさんの種類がありますが、そのうちの3種類、P.g菌(Porphyromonas gingivalis)、T.d菌(Treponema denticola)、T.f菌(Tannerella forsythia)の混合感染が歯周病を悪化させることが分かってきています。このような歯周病の場合はブラッシングでは改善しないため、原因となる菌を直接除菌する治療を行います。

重度歯周病の治療の流れ

重度の歯周病は基本治療だけでは治らないため、外科処置などを行う必要があります。そして必要に応じて失ってしまった歯周組織の再生療法を行います。

Step1診査・診断

歯周病の治療のためには口腔内の状態をしっかり把握する必要があるため、まずは精密検査を行います。お口全体のパノラマ写真や詳細部位のデジタル写真、CT撮影も行います。また、歯周ポケットの深さを測るために1本の歯の6ヶ所をチェックします。そして、出血や膿の有無や歯の揺れについても調べます。また歯周病菌の種類の判定も行うなど、さまざまな検査結果を基に診査・診断を進めます。

パノラマ写真 14枚法デジタル写真 CT写真 歯周ポケット検査 歯周病菌検査
Step2原因除去

まず歯周病菌の住処になっているプラーク(歯垢)や歯石を除去します。さらに歯周病菌の検査によって判明した歯周病菌に対し、抗菌療法を行うこともあります。

Step3環境整備

歯周病の原因菌の除去を行ったあとは、口腔内の環境を整えます。歯周病により溶けてしまった顎の骨や、歯のまわりの歯周組織の再生を促すのです。

Step4機能回復
環境整備を行ったあとは機能回復のための処置です。必要に応じて被せ物の装着や入れ歯治療、インプラント治療を行います。また矯正治療などにより、歯並びや咬み合わせを整えることも視野に入れ、お口全体の健康を考えた治療をご提供します。

歯周外科処置と再生治療について

フラップ手術

フラップ手術

歯周組織への感染範囲がかなり広がっている場合、局所麻酔をしたあと歯肉を切開し、歯根を露出させてから歯面に付着するプラークや歯石を取り除きます。感染した歯肉も除去してから歯肉を縫合します。

GBR(骨誘導再生法)

歯周病で失われた骨の部位にメンブレンという特殊な膜を入れてスペースを確保し、人工骨や自家骨を移植して骨の再生を図ります。歯周組織再生法の一つです。

エムドゲイン

エムドゲイン

GBRと同様に歯周組織再生法の一つです。歯ぐきを切開し、再生させたい部位にエムドゲインゲルという、豚の歯胚細胞によるタンパク質の一種を注入。歯周組織の再生を促します。

APF(歯肉弁根尖側移動術)

歯を支えるためには角化歯肉(硬い歯肉)が必要です。APFは角化歯肉を維持し増加を促す処置です。

FGG(遊離歯肉移植術)

歯肉が痩せてしまった場合、上顎の口蓋(こうがい)から上皮のついた歯肉を切り取って歯根のまわりに移植します。FGGは歯肉の結合組織と上皮の両方を一緒に移植します。

CTG(結合組織移植術)

FGGが結合組織と上皮の両方を一緒に移植するのに対して、CTGは結合組織のみを歯ぐきの上皮と骨膜の間に移植。歯根面を覆っている歯肉の厚みを増やします。

当院の歯科治療のこだわり

当院では歯周病の診断の際に歯科用CTを活用しています。歯科用CTによって歯根や顎の骨の状態を詳細に把握するためです。また、立体画像が得られるので、治療が必要な部位を正しく判断できます。